単身赴任のストレスをお風呂家さんにて洗い流す

川崎に足を運んでみました。

 

激安店が多い半面、高級店が格安ではいれます。

 

今日は金瓶梅。超高級老舗ですな。同じグループの琥珀を中心にアラビアンと反対側に位置してます。値段と満足がまずまず外さないイメージがあるグループです。

 

金瓶梅と言うだけあって、中華風の高級感がでてます。

女の子によると部屋は全部で9部屋。少し古いですが、吉原とは比べ物にならないくらい部屋は広いです。よって冬場はちょっと避けています。

 

今日のお相手は、mさん。ランカーです。

 

二階の椅子でお待ちです。

 

第一印象、可愛い。西内まりや的。りす的。女子アナ的です。ゴージャス系は苦手なわたしにはど真ん中です。途中、鈴村あいりに見えて、もう大変。しかし世の中、ええよの中になりましたね。

 

確かにソープは高額です。家族をつれて10回くらい回転ずしに連れていける値段を一発で使用します。

 

それでも、不倫をすることを思うと、コスパ最高です。

・最近の週末シティホテル;2万円

・相手との飲み食い代;2万円

これだけで、4万円です。これに言い訳代や、ドキドキ代を加味すると結局同じなんじゃないかな。それに、不倫をするにも、相手を見つけないといけません。ソープなら、福沢先生を握りしめていけば、確実にことを果たすことができます。

 

世間話をしながら、あちらの国へ。めくるめく世界へ。

 

あー、ありがとうございました。うさもなにも果たしました。

 

単身赴任の皆様、お手軽に現地妻なんて思ってはダメですよ。そんなのは島耕作の世界だけですからね。コストはかかるのです。あとをひかないコストがいいと思うのはわたしだけですかね。

 

結局、島耕作は自分の竿だけで偉くなったんじやねいか、と改めて課長島耕作を読んで思うわけですが、その話はまた、今度。

 

では、また。